我が家のおせちについて

注目

主婦歴25年、45歳です。我が家のおせち料理はいつも、作ったりもらったり買ったり…いろいろ混ざった感じのみんなで作ったおせちになります。

お煮しめなどは自分の家の味で作りたいと思う方なので毎年必ず作るか、母がたくさん作ったものをおすそわけしてもらっています。子供達も食べ慣れた味が良いみたいで、お煮しめに関しては、私か母が作ったものの方が明らかによく食べてくれます。焼き物などは私でも作れるものが多いので大体自分で作っています。が、たまにやっぱり母から分けてもらっています。

母から分けてもらうにしても、自分で作るにしても慣れた味の方が子供達は嬉しいようです。

蒲鉾はちょっとこだわって普段は買わないような良いものを買っています。気持ち的にいつもとは違う蒲鉾っていうのがおせち料理っぽくて、そこはちょっとこだわっています。

煮豆類は私にはちょっと難易度が高すぎるのでまず作ることはなく、ほとんどが購入です。百貨店などで購入しているのですが、田舎の方からも似た黒豆をいただくことが多くてそちらも使わせてもらっています。子供達は豆類は好きなのですぐになくなってしまうので。

手作りに関しては、義母の得意料理でくるみなどのナッツ類を混ぜ込んだのを毎年作ってくれており、それが本当に美味しくて我が家のお正月の楽しみになっています。我が家のおせち料理には欠かせない一品になっていて、わたしがつくったものではないのですが、その田作りこそが我が家らしいおせち料理の特徴になっています。私自身も楽しみの一つです!

また、我が家では伊達巻の代わりに大体、出し巻き卵を入れることが多いです。一応見た目のこともあるので伊達巻も一部購入して入れるのですが、自分が子供の頃実家で食べていたおせちにはだし巻きが入っていることが多くて、それが子供心にとても嬉しかったので、それは引き継ぐようにして我が家のおせち料理にも必ず入れるようになりました。やはりうちの子供達は伊達巻よりだし巻きの方がかなり勢い良く食べてくれるので、定番になっています。

見栄え的な部分をカバーするのに買うものもありますが、大体は定番のものは最低限入れるようにして、どうしても子供受けしそうな、どちらかというと子供達の好みに近いもの入れる、背伸びしすぎないおせち料理が我が家の定番です。

毛深いために人生最高の日にやらかした!

10代の頃から腕とか、足の産毛が多くて気になっていました。洋服のお洒落に目覚め始め、ミニスカートなども履きたくなるお年頃。特に夏になると腕とか露出するので、やはり毛深くて嫌な気持ちになっていましたね。

肌が地黒なので、一見目立たないように感じますが、毛深い事は間違いない。海が大好きで水着になるのに抵抗はないけれど、さすがに腕や足が毛深いままなのは恥ずかしすぎる。だから夏になると、腕毛と足毛対策に奮闘していました。

まずは、カミソリで剃ってみたけれど、すぐ毛が生えてきてしかも産毛が太いので、少年の坊主頭みたいにチクチクする。それにカミソリで剃ってばかりいると、産毛が太くなりそうで辞めた。次に毛を脱色してみた。

金色の産毛になってキラキラして綺麗だけど、毛深さには変わらない。「イマイチだよね」とあきらめた。それに結構脱色液が肌を刺激するので、肌の弱い人は向いてないと思います。

それから脱毛クリームを始めました。クリームを塗って暫くすると、産毛が縮んで溶けていく感じ。時間をおいてから洗い流すと、ツルツル、ピッカピカ!これは良いとすっかり脱毛クリームにはまりました。クリームタイプや泡状の物、色々あって試しては、満足していました。肌がツルツルで手触りが気持ちいいと気分まで高揚してきます。

そして産毛と格闘する初夏に最悪の事態が起きました。私の結婚式前夜、自前のウェディングドレスはキャミソールタイプの可愛いドレス。腕を出すから早速脱毛クリームで処理をしました。でもいつもと違って肌をすごく刺激して痛い。ヒリヒリするのですぐ洗い流しました。産毛は取れたけど、肌が痛い。薬を塗って寝ました。翌朝なんとやけどした後みたいにカサブタだらけ。

人生初の主役の日に最悪な事態。仕方なくショールで腕を隠し、結婚式を行いました。最高の一日が産毛の為に最悪にもなりました。今時点で一番恥ずかしい想い出です。

今は福岡に引っ越して久留米市にある脱毛サロンに通っていますが、あの結婚式前夜のことを思い出すだけで辛くなります。早く通っておけばよかったな~と後悔するばかりです。

自己処理しなければよかった

中学生になったころから、体毛の自己処理がスタートしました。最初はかみそりを使用していました。

高校生になり、脱毛サロンに通うほどお金が無かった私は、家電量販店で脱毛器を購入。このときから、特にワキは自己処理による脱毛を繰り返していました。

スキンケアに熱心な方でないので、当然アフターケアはおざなりにしていました。あのとき、後で肌があんなに汚くなるとなど、全く思っていませんでした。

大学に入った頃、バイトもするようになったので、IPL脱毛のサロンに通いました。しかし、飲み会など遊ぶことが仕事のようなものだったあの時は、サロンに通うことが面倒になり、自己処理をまた再開してしまいました。

20代後半になって、ダンスが趣味となり、露出の多い衣装で人前に出ることが多くなりました。

舞台で踊るとき、またはその衣装で大勢の前で手を上げたりするときに、私は初めて今までの自己処理生活を後悔することとなったのです。

ワキにファンデを塗ってごまかしていましたが、すでに自己処理の脱毛による鳥肌のようなプチプチが、ごまかしの効かないほどになっていたのです。

そして、ついに私は30歳手前にしてようやくIPL脱毛と電気脱毛を両方施術してくれるクリニックに通い、脱毛前の電気シェーバーのみで自己処理するようになりました。

自己処理の頻度が下がれば、少しずつではありますが、肌が回復してきました。若いときは、長年カミソリで肌を痛めるとどうなるか、全然気にしていなかったんですね。

自己処理を止めて、脱毛サロンに通うことは、本当に美への投資だと思います。もっと早く通えばよかったなぁと後悔しています。

最近は脱毛費用が安いところも増えてきてますもんね。医療レーザー脱毛も低価格で受けれるようになってますからね。

詳しくはこちら≪医療脱毛静岡

現在は、サロンが二ヶ月に1回ですので、その間肌の露出が多いときや毛が目立ってきたときに、電気シェーバ-を使っています。

自己処理の後は、肌にいいだろうと思ってアロエジェルを使っていたのですが、サロンのスタッフさん曰く、増毛成分が入っているから止めたほうがいいとのこと。

自己処理の方法も誤っていたし、アフターケアの方法も間違っていたなんて、驚きでした。

消費者金融を実際に利用してみて、思う事

数年前ですがアコムを利用し最大50万円まで借りました。

その時はクレジットカードのキャッシングを利用していたのですが、だんだんと返済に困るようになってアコムを利用してしまいました。

自分が実際に利用するまでは、消費者金融に手を出したらとても怖いイメージがありました。取り立てが物凄くて、家や職場にまで嫌がらせがありそうな想像をしていました。

それでまず自分でネットで調べてみたのですが、そんなに怖い所ではなくきちんとお金を貸してくれる所なのかなと分かりました。

CMでも良く見るし、実際に現金が必要だったので一度行ってみることにしました。

ビルの中に店舗が入っていて、ビル自体は少し入りにくそうだなと思いましたが店内は明るく広くてイメージとは違いました。

また、結構多くの人が利用していて若い女性も多く驚きました。接客も女性ばかりで銀行のような雰囲気でした。

ちなみに、当時私は水商売の仕事をしていたんですが、水商売の私でも借りることが出来ました。

※詳しくはこちらから・・・・水商売でもお金を借りる事ができるのか?

私は無人機で手続きをしたのですが、本当に簡単にあっという間にカードが作れました。そのまま帰りにそのカードを使って20万円借りる事が出来ました。

こんなに簡単にお金が借りれる事に驚いたのですが、その手軽さに借金をしている感覚が麻痺してしまったのだと思うのですが借金はどんどん増えていってしまいました。

気が付けば50万円限度額いっぱいまで借りていました。

利用してみて思うことは借りるのは本当に簡単だという事です。

当初思い描いていたイメージは全然なくて、むしろ親切に対応してもらっていたので怖いという事は全くなかったのですが、簡単にお金を貸してくれるので自分の中の危機感がなくなっていってしまったんだと思います。

返済も少額づつ返せばいいので借金をしている事が当たり前になってしまって返済を第一優先出来ず、何かあればまた借りればいいやと思ってしまっていたので、いつまで経っても借金が減らなかったのだと思います。

消費者金融を利用する際は、誰でも簡単に利用する事が出来ると思います。ただ、借りたお金はとにかく返済する事を第一優先して利用すれば本当に困った時などはとても助かると思います。

でも、簡単に頼るようになると幾らでも借りれてしまうのでどんどん借金が膨らんでしまう仕組みになっていると思います。

本当に困った時だけ短期的に借りる、というのが賢い利用法かなと思います。

私は結局親に全額借りて、消費者金融への返済に充てました。

もしそうでなかったら、返しては借りてを繰り返してしまっていたので借金は一向に減らず、利子もとても高いので未だに返せていたかどうかは不安になります。

早く返す事が何よりも大事だと思いました。

男も脱毛したいんです!!

私が脱毛したいところは、まずは顔のひげです。

際立って濃いわけでは無いですが毎日の処理は必要ですし、それがとても億劫に感じます。

在宅で生計を立てていて多忙な時期は2、3日外に出れなくなります。そういう時は少し手入れが疎かになってしまいます。

しかし、食べ物や飲み物は欲しくなるので近くのコンビニへは行きたくなります。

その時に、2日目以降はさすがに髭を剃らず外出するのはみっともないので仕方なくという感じで処理します。

そのたった10分程度の為に処理をするのがとても億劫なのです。昔、一度ひげ脱毛について本気で考えました。

しかし、知人がひげの脱毛を行った後に年々黒ずんでいくのを見て諦めました。

そういうものなのか、あるいは失敗だったのか、ナイーブな部分なので聞く事も出来ていません。

また、胸毛も脱毛したいと考えています。実は、以前に胸毛の脱毛は経験があります。胸毛は少し多めだったかもしれません。

始めは自分でカットしていましたが、近くでサロンがある事を知り相談してみました。綺麗に無くなるとの説明を受けて、二つ返事で施術の申し込みをしました。

約半年ほど6回程度通い一通りは終了となりました。その間はみるみる胸毛が無くなっていく事に感激していました。

しかし、施術後半年程過ぎたあたりから胸毛がうっすらと生えてきたのです。その後は、ほったらかし状態です。

施術前よりはかなり薄い状態になりましたが、でも綺麗にとまではいきません。

今でも、機会があればまた脱毛をしてみたいという気持ちはあります。

出来る事なら、顔中のひげ、産毛も脱毛したいと思っています。

女性に限らず、男性でも脱毛を考えている人はたくさんいると思います。

世間では男性の脱毛がだいぶ浸透してきているように感じますが、私の周りではまだまだ違和感があります。

ぜひ、脱毛の技術革新と、男性の脱毛が今以上に浸透してくれるとありがたいです。
いつか、自然と清潔感を出せるようにな男になりたいですね。